[Visual Studio 2008] ClickOnceでデスクトップにショートカット配置

ClickOnceは、クライアントアプリをサーバで集中管理するのに有効な手段です。ClickOnceで発行したアプリをクライアントPCにインストールすると、「スタート」メニューにアプリ起動メニューが登録されますが、そのままではデスクトップにアプリのショートカットが配置されないため、アプリ起動メニューを右クリック、コンテキストメニューから「送る」ー「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックでデスクトップにショートカットを配置します。しかし、この方法だとアプリのバージョンアップ時にデスクトップからショートカットが消えてしまいます。

Visual Studio 2008では、該当プロジェクトのプロパティの「発行」ー「オプション」をクリックで開く「発行オプション」ダイアログの「マニフェスト」において、「デスクトップ ショートカットの作成」をチェックすることで、発行時に最新バージョンのショートカットをデスクトップに作成してくれます。

 

VS2008でClickOnce発行において「The signer’s certificate is not valid for signing.」 エラーの対処方法

このエラーは該当プロジェクトの「証明書」の有効期限が切れている場合に発生します。以下のように対処します。

  1. VSの該当プロジェクトのプロパティで「署名」タブを選択する。
  2. 「テスト証明書の作成」ボタンを押下。
  3. 「新しいファイル(プロジェクト名)_Temporarykey.pfxへのパスワードの入力」および「パスワードの確認入力」を入力して「OK」ボタンを押下。(パスワードは空欄でも可)